HOME>イチオシ情報>ライフスタイルに合わせたコーティング内容
男女

どんな種類を使うのか

フロアコーティングをすることで床を家具などからの傷から守り、美観を守ることができます。利用者側はコーティングするだけならどれも同じという風に考えがちですが、実際は使う素材によっても耐久性やツヤやマット感などの見た目や手触りなどの仕上がりに違いがあります。機能性が違うとその分料金にも影響してくるので、業者選びの際には気をつけて起きたいポイントとなります。作業としてはフローリングの床に傷や汚れをつけないように綺麗にするというものですが、乾燥に1~2日かかることもあるので、利用する前には仕上がり日程なども確認した上で依頼をするとスムーズに日常生活を送れます。

リーズナブルにするなら

フロアコーティングを安く仕上げたいと思うのであれば、アクリル系コーティングが一番安価で利用しやすいです。塗ったり剥がしたりするのも簡単なので、一時的に利用するというときにも使いやすいです。水に弱く耐久性能は低いので、転勤族などで長く同じ家に住まないというときにも便利な素材です。その次に使いやすいのがウレタンで、耐久性能は約10年程度で価格も無難となっていますから、予算に合わせて使っていきましょう。

長く使いたいとき

フロアコーティングを長期で使い続けていきたいのであれば、UVコーティングが一番長持ちするだけでなくツヤ感も高く人気が上昇しています。料金面では高くなりますが、約20年前後は保ちますので十分にコストパフォーマンスは良いと言えます。その次にガラスコーティングがあり、お手入れもしやすくUVよりも安いという良さがあります。他にもシリコンコーティングなどもありますので、ライフスタイルに合わせて適切な作業を選びましょう。

広告募集中